XiaomiのスマートバンドMi Band5買ってみた

本体1ショッピング
この記事は約5分で読めます。

前々から気になっていたスマートウォッチを買ってみた。Apple Watchはちょっと高いので却下。ガジェット系の雑誌とかでシャオミのスマートバンド良いぞっていう記事読んだんで買ってみた。

Xiaomi Mi Band5 感想

パッケージ

Xiaomi Mi Band5」。Xiaomi Mi Band4も性能そんな変わらないからこっち買おうかと思ったけど、充電の際にバンドから本体を取らないといけないらしく、何度も充電してるとバンドがガバガバになるそうな。Mi Band5ならそのまま充電できるらしいのでこっちの購入に決めた。au PAYマーケットのダイレクトストアでクーポン使って約4,000円。安い。Amazonでもグローバル版なら4,000円くらいで売ってる。

本体2

自分の買ったのは日本語版のはずだったけど、初めの言語設定では日本語はなし。どうやらこの段階では日本語には対応してないみたい。(パッケージの裏には日本語の説明が書かれているので日本語版で間違いはないです。)とりあえず初めは英語設定で良いと思う。

日本語に対応するためには、スマホアプリの「Mi Fit」をダウンロードする必要があり、Bluetoothで連携をすることで日本語にアップデートすることができる。

このスマートバンドできることは以下の通り。

ディスプレイ
1.1 インチ有機 EL(AMOLED)ディスプレイ
ディスプレイ解像度:126*294
ディスプレイ色深度:16 ビット
ディスプレイバックライト:最大輝度 450 nits 以下、調整可能
ディスプレイボタン: ワンタッチボタン(ウェイクアップ、復帰)

センサー
高精度 6 軸センサーおよび PPG 心拍数センサー
6 軸センサー: 低消費電力の 3 軸加速度計と 3 軸ジャイロスコープ
PPG 心拍数センサー

バッテリ持続時間
• 14 日間の長いバッテリ持続時間(磁気充電器付き)
充電方法:磁気充電
充電時間:2 時間未満
バッテリ持続時間:14 日以上

スポーツ
11 種類のプロスポーツモード
サポートされるエクササイズ:屋外ランニング、パワーウォーキング、サイクリング、屋内ランニング、プールスイミング、フリースタイル、
屋内サイクリング、エリプティカル、ジャンプロープ、ヨガ、ローイングマシン
ランニングまたはウォーキングの自動検知、ペースアラート、完了したキロメートルアラート、高心拍数アラートをサポート

健康
24 時間の心拍数および睡眠モニタリング
(女性の健康追跡機能付き)
心拍数モニタリング:全日心拍数、手動心拍数、安静時心拍数、心拍数曲線
睡眠モニタリング:深い睡眠、浅い睡眠、レム (REM: Rapid Eye Movement)睡眠
女性の健康追跡機能:月経周期と排卵期を記録、リマインダを出力
ストレスモニタリング、呼吸エクササイズ、PAI 活力指数評価、無操作アラート、ステップカウンタ、目標設定

その他の機能
リモート写真撮影、音楽再生、電話機の位置特定、電話機のミュート、電話機のロック解除、着信通知、マナーモード、WhatsApp 通知、アプリメッセージアラート、カレンダリマインダ、イベントリマインダ、天気予報、タイマー、カウントダウンタイマ、アラーム、Bluetooth ブロードキャスト、オンラインダイヤル、カスタムダイヤル、プリセットダイヤル、画面ロック、 充電状況表示、装着方法の選択、OTA アップグレード

使い始めのころは睡眠モニタリングとか面白くて使ってたけど、なんだかんだで今一番便利だなと思っているのは「通知機能」。スマホの通知をこのMi bandでしてくれるというもの。ポケットにスマホ入れてると気付かないことがあるけど、スマートバンドなら腕に直接付けているので通知に気付かないということはなし。ブルブルっと震えて教えてくれる。アラームやタイマーなどでも重宝する。

電池持ちもよく、確実に1週間以上は持つ。なので1日中着けていることが可能。充電するタイミングはお風呂の時かな。充電ケーブルも結構良くできていて、充電端子部分が強めの磁石になっていて、本体の裏側に端子をなんとなく合わせようと近づけると、ピタっ!とくっつく。めちゃ便利。

画面のスキン(ウォッチフェイス)も色々あって面白い。中国アカウントを使えばミクとかエヴァ、コナンなんかのスキンも選べる。

スキン画面

このコラボスキンを利用するには中国アカウントを取得し、スマホの言語設定も中国語にしないければいけないので面倒。以下のブログの方がやり方を説明しているのでこちらを参考にしてみるといいかも。個人的には一番わかりやすかった。

【簡単解説】Mi Band 5 グローバル版でコラボウォッチフェイスを使う方法【初音ミク、エヴァ、コナン、スポンジボブ:公式アプリ以外は使わない】
グローバル版のMi Band 5では、中国版では可能な「エヴァ」や「初音ミク」などとのコラボ場面が使えないため、悔しい思いをされている肩がいるようです。この記事ではグローバル版でもこれらのコラボ画面を使える方法を解説します。

こういったスキンも良いけど、今は普通に見やすいスキンを使ってる。

本体3

このスキンは上と下に好きなものを表示することが可能。今は上に天気、下に心拍数の推移を表示してる。スキンはすぐに変更できるので気分で色々変えるのも良いと思う。

あと、バンドを締め付けすぎるとセンサーの痕が結構つくので気持ち緩めに着けたほうが良い。

このMi band、安いので気軽に扱えるし、電池持ちも良く、有機ELで画面が見やすく結構おすすめかもしれない。まあ必要ないって人には必要ないと思うけど。スマートバンドが気になっている人には入門用として間違いなくオススメ。

公式サイト:https://www.mi.com/jp/mi-smart-band-5/

コメント

タイトルとURLをコピーしました