スポンサーリンク

【レビュー】HDMIキャプチャー「GV-HDREC」購入

GV-HDREC付属品一覧 ショッピング
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

ゲーム映像をパソコンに取り込みたくてアイ・オー・データのHDMIキャプチャー「GV-HDREC」を購入。

gv-hdrecパッケージ

価格は12,000円ぐらい。ポイント還元等含めるとさらに実質安く買えると思う。

GV-HDREC特徴

簡単に言うとゲームとかの映像を取り込んで録画することができるHDMIキャプチャー。添付のAV入力変換ケーブルを使えばアナログ出力のゲームなんかも録画可能。

接続例

パソコンは使わずにこれ単体で録画が可能。マイクと繋げるとゲーム実況なんかもできる。ただし、この機器は録画専用で生放送はできないので注意。生放送を目的としている場合は、もう少し高めの「GV-US2C/HD」とかを買う必要がある。

その他、

・HDMIパススルー機能で、遅延を気にせずゲームを楽しめる。
・動画の編集も可能。不要なシーンをカットしたり、複数の動画を繋ぎ合わせることも可能。
・録画方法はSDカードまたはUSBハードディスクから。
・1080/60pから480/60pまで幅広い画質で録画することができる。
・倍速&スロー再生もできる!120倍速から1/4倍速まで対応
・格闘ゲームなどの攻略検証用に1フレーム毎のコマ送りができる。

こんな感じで録画するための機能は一通り揃っていて、価格も手頃なのが良いですね。今年PS5がやってきて4Kの時代がやってくると思うけど、現状4K対応はいらないと判断。てか、PS5本体に配信機能とか付くと思うし。自分的にはスイッチ用で買ったので良いのです。

GV-HDREC外観

GV-HDREC付属品一覧

GV-HDREC本体の他に、ACアダプター、HDMIケーブル、AV入力変換ケーブル(コンポジットビデオ入力:RCAピン×1、外部ライン入力:RCAピン(L/R)×各1)、かんたんガイド、内蔵時計用ボタン電池が付属。HDMIケーブル入っているのは嬉しいね。

本体の左の方にあるモニターっぽい枠は特に何もありません。モニターではなく「枠」です。確実にモニター入れる予定だったっぽい外観ですが、まあ無くても良いかな。

GV-HDREC前面

前面の左にSDカードスロット。SDカード、SDHCカード、SDXCカード対応。スピードはClass 2~10、UHS-I スピードクラス1~3。フルHD最高画質・高画質で記録するには、Class 6以上が必要です。

右には電源ランプとヘッドセット端子(3.5mm 4極ミニジャック)。

GV-HDREC裏面

裏面には左からAV IN(3.5mm 4極ミニジャック)、HDMI IN、HDMI OUT(パススルー・CEC対応)、USB、DC IN(AC100V 50/60Hz)。

対応USBストレージはUSBハードディスク、USBメモリー。FAT32形式/exFATに対応。

実際に録画した映像

以下が実際に録画したものとなります。フルHD(最高画質)。exFATにフォーマットしたSDカードに録画。機種はニンテンドースイッチ、ゲームは「テトリス99」。

録画方法は録画ボタンを押すだけ。押すと録画中はランプが点滅。録画を終了したい場合はもう一度録画ボタンを押せば終了します。

GV-HDRECテスト

結構綺麗に撮れてると思いますけどどうでしょう。最高画質なので、約10分の動画で容量は大体2GBくらい。

まとめ

結果としては満足。手軽に録画できて簡単な編集も可能なのは良いですね。

価格も手頃で、必要十分な機能も揃ってます。

この機器で生放送はできませんが、必要ないという人はこれ買っとけば問題ないと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました