FF7リメイクレビュー 面白かった、が

4.5
トップ画像 ゲーム
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

プレイステーション4用ソフト「ファイナルファンタジー7リメイク」を先日クリア。

発表から5年ですか。長くかけて作った分だけクオリティーのすごく高いゲームでした。個人的には大満足。ストーリーの内容は原作通りラストまで、とはいかず、ミッドガル脱出までとなっています。しかし、最後まで飽きることなく遊べました。細かいところで色々不満はあるけど、オススメできるゲームなのは間違いないかな。以下、いろいろ思ったこと書いていきます。

グラフィック

めちゃキレイだった。そら5年もかかるわってかんじ。PS4の性能ガンガン使ってるんだろな。

マップに関しては最近のFFでよくある1本道。って言っても原作もほぼ1本道だったからこんなもんだろって思ってた。ダンジョンは結構入り組んだ場所が結構あった。街のこだわりもすごかった。そら何回も行き来させたがるわ。せっかく作った場所を素通りさせたくないもんね。

次回作はどうなるんでしょ。ワールドマップは省略なのかな?きっと次回作はプレイステーション5で出るだろうから頑張ってもらいたい。PS4とは違ってローディング時間も恐ろしく短縮されるだろうからイベントの没入感は上がると思う。あとファストトラベルも快適になるだろうな。

戦闘システム

グラフィックがすごかっただけではなく、戦闘システムもこだわっていた。

ボタンを押すだけじゃなく、戦略を考えて動かさないと負けることもあった。味方キャラクターも個性があって、クラウドは近距離、バレットは遠距離、エアリスは魔法など、剣が効き辛いなってときは魔法キャラで攻撃とか、敵の近距離攻撃が痛いってときはバレットの遠距離銃で攻撃とか色々パターンを切り替えて動かせたのが良かった。クラウドやバレットとかを魔法タイプにすることもできる自由度もあり。

敵も結構手強かったな。ただの棒立ちキャラではなく、個性を持って攻めてくるキャラが多かったので戦闘で飽きることはなかった。むしろ今回のFF7リメイクは戦闘がメインと言って良いね。

シナリオ

シナリオは原作準拠。間にオリジナル展開を入れてミッドガル脱出までのボリュームを含まらせた内容になってる。このオリジナル展開は人によって評価は分かれると思うけど、個人的にはそこまで悪くはなかったと思う。

ただ、ラストの戦いの展開はちょっと・・・って感じだった。張り切ったな。昨今のスクエニを象徴するような、これぞ今我々が求めているファイナルファンタジーだ!て言われたようなね。余計だったんじゃないかなあれ。最後の最後で評価下げられた。

やっぱり続編がいつ出せるか分からない状況だから、全部詰め込んじゃえ感はあったな。所々で未来の映像をフラッシュバックさせたりさ。セフィロスも結構押されてたし。今後の続編のラスボスとかどうすんだろ。始まりでも終わりでもないゲームになるから、それ相応のものを要求されると思うけど、毎回ラスボスセフィロスとか冷めるからやめてほしいな。

あとはボイス。かなり喋ってた。細かいところまで喋ってたからストーリーへの没入感は結構あったと思う。もとのキャラクターの良さもあるし。

てなわけで、ラストの戦いを除いた全体の評価としては◎。

コメント

タイトルとURLをコピーしました